09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

叱らないでー

2009/07/04
チョット前に来店していただいた小学生のかわいい男の子、
いつも元気いっぱい「こんにちはーーー!!!」と入ってくるのに
今回は何だか恥ずかしそうです。

あれ・・・・? 

と思ったら、あとからに入ってきたお父さんが、
「コイツ最近やたら自分の髪の毛を引っこ抜いちゃってさ。」と。

どれどれ・・と椅子に座ってもらい見てみると、
確かにつむじ付近がちょっと少なくなっちゃってます。
そこだけ短い感じですね。

お父さんは、どうすればいいかなーと。

こういう場合、基本的にはつかめない位短くカット、なのですが・・・
このお兄ちゃんはいつもは全体に長めのカットで、襟足も長く残してます。

お母さんはショートカットはちょっと・・・、ということです。

相談の結果、
サイドは耳かろうじて出るくらい、
問題の抜いてしまった部分を含む天頂部は、
軽く髪の毛が立つような感じ、掴めるか掴めないか位まで短くし、
いつもより多めにすいて、毛先をばらばらにし、         
抜いてしまったところと、その周りとの境目が目立たなくします。
そして前髪と襟足はいつもより少し余計に切る程度にとどめました。

このように全体的には短めにしても、襟元や前を長めに残すと、
雰囲気は変えずに、スタイルチェンジできる場合が多いのです。

その後お父さんの話では、髪を抜く癖も、それを機会になくなり、  
シャンプー後も早く乾くし、短くしてかえってよかった、
奥様も可愛いまま短くできてよかったと言っている、
と、うれしいお言葉をいただきました♪
そう言っていただくとホントにとてもありがたいです!

でも実はこのような癖、意外とよくあるんです、
そういうことって子供は無意識のうちにやってしまっています。

お父さんお母さん、あまり叱らないであげてください。
叱っても多分効果薄いです。

そんな時は・・・、そうです! 

とこやさんに行って、さっぱりしてもらいましょう!!
                                      
19:34 お子様